2008年06月23日

株価↑発言は封印…倖田 株主前で泣いた

大手エンターテインメントグループ「エイベックス」の株主総会が22日、さいたまスーパーアリーナ(さいたま市)で開かれた。国内史上最大規模となる8910人の株主が出席。総会後、所属歌手による競演ライブが行われ、倖田來未(25)が歌唱中に泣きだすハプニングも。「羊水発言」問題での対応を最もシビアに見てきた株主たちから声援が送られ、感極まったようだ。

 倖田は3年連続の出演。過去2年は「もっと株価をガンガン上げていこうかな」(06年6月)、「バンバン株価上げていくでえ!」(07年6月)と出演歌手の中でも最も威勢が良かったが、今年はさすがにそうはいかない。

 1月末に深夜ラジオで「35歳を回るとお母さんの羊水が腐ってくる」などと発言。ネット上などで抗議が相次ぎ、謝罪した上に新アルバムのプロモーション活動を自粛。株価に大きな変動はなかったものの、株主に心配を掛けた。

 午後4時半ごろ、1曲目を歌うと「皆さんこんばんは。あっ!まだこんにちは?」と最初のあいさつから少し緊張気味。「あらためまして倖田來未です。こういった場所で歌えることをうれしく思います」と続けた。

 2曲目の最新曲「Moon Crying」については「私の内面が入っている曲」と紹介。製作したのが“羊水発言”で批判を受けていた時期で「家でカーテン越しに月を見てきれいだなと思った時、ああそういうことを忘れていたなと。きっとそうやって大切な何かを忘れていたのではないかと。いろんなことを再認識する時間でした」と振り返った。

 そして歌い始め、サビに入る直前では目が潤みっぱなし。ついには声を震わせ、大粒の涙をこぼしながらの歌唱となった。

 関係者によると、株主とその同伴者の計1万5000人で埋まった客席が、歌声に合わせて青いペンライトを振っていた光景に感激したという。「(泣いてしまい)すみません」と謝ると「これからも倖田來未を求めていただけるのなら、頑張りますのでよろしくお願いいたします」と再び頭を下げながら誓った。最後は、ほほ笑んで手を振った。
倖田ちゃん、がんばれ!
ラベル:発言 封印 倖田 株価
posted by 剣水 at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能スポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
商品紹介
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。